盾の勇者の英雄アニメプロデューサーが、「盾の勇者のナリアガリ」について語る「ラフタリアを保護します」

盾の勇者のライジングアートワーク

盾の勇者の英雄アニメは、ウェブ小説を基にした角川書店のライトノベルシリーズを採用しています。写真提供者:Kinema Citrus

『盾の勇者の勇者』アニメ( 『盾の勇者のナリアガリ』)は、2019年冬のアニメシーズンに欧米で最も人気のあるシリーズの1つになりました。

アニメプロデューサーの田村淳一郎は最近、Reddit Ask Me Anythingでシールドヒーローアニメについて話し、アニメ業界に関連するさまざまな質問に答えました。



田村は、このすばやオーバーロードなどの作品で有名な本出版社角川書店でアニメのビジネスプロデューサーを務めています。シールドブロを大衆に届けるだけでなく、田村は文豪ストレイドッグスにも取り組んだ。 ちおちゃんの通学路 、およびPrismaIlyaシリーズ。

田村氏によると、プロデューサーができることはたくさんあるという。私はビジネスプロデューサーとして、次にどのようなプロジェクトを始めるかを最初に計画しています。 (それが)決定されると(次は)、プロジェクトの委員会を結成して、制作のための資金を集めます。最後のステップは、商品など、プロジェクトのすべての側面を監督しながら、生産の品質を管理することです。

プロデューサーはまた、シールドの勇者のライジングアニメがどのように開発されたかについて少し説明しました。

キネマシトラスに戻って、一緒にプロジェクトをやろうと話していたところ、結局シールドヒーローになったと田村氏は語った。 Crunchyrollは私たちにタイトルを教えてくれたので、彼らは委員会に参加しています。他の人は私たちが尋ねる人々の中で興味を持っている人です。

バニーガール先輩映画英語サブリリース日

シールドヒーローのキャラクターに関して、Redditユーザーは尋ねました、あなたはラフタリアを保護することを誓うことができますか?俗語の保護は最高レベルの保護を意味し、この女性のシールドヒーローのキャラクターは非常に人気が高まっているので、誰かが彼女を育てたのは当然のことです。

それに応えて、田村はラフタリアを保護すると言った。彼はまた、私が彼女のように信頼できる誰かがいるといいので、ラフタリアが最高だと言います。それでも、田村の好きなキャラクターは、どんなに困難な状況でも決してあきらめないという理由だけで、直文です。

ラフタリアはすぐにアニメファンを溶かしました

ラフタリアはすぐにアニメファンの心を溶かしました。写真提供者:Kinema Citrus

シールドヒーローの田村のお気に入りの部分は物語です。複数のRedditユーザーが、シールドヒーローシリーズのようなライトノベルのストーリーを適応させるプロセスについて質問しました。彼は、40分のエピソード1は、暗いメモで終わらない説得力のある紹介を作成するために必要であると述べました。

最初のシーズンの長さについては、シールドヒーローの12話だけでは説得力のあるストーリーを作るのは難しいので、2クール(25話)の決定は最初からでした。それ以外の場合は、ストーリーに変更を加えることに全員が関与します。

私たちは市場性のためにいくつかの調整を行いますが、元のストーリーをあまり変更することを犠牲にすることは決してありません、と彼は説明しました。原作はあまり変えたくないのですが、エピソードの長さからカットしなければならないことがあります。コンテンツをカットする必要がある場合は、スタッフ全員が関与する決定です。

角川がどのようにプロジェクトを選ぶのかと聞くと、ノーゲーム・ノーライフシーズン2というテーマが浮かび上がってきました。田村は関わっていないのでコメントできませんでしたが(ノーゲーム・ノーライフの本は別の出版社のメディアファクトリーから出版されています)、角川が望むから何かを生み出すこともあることを確認しましたが、プロジェクトを選択するのが一般的です人気があると思います。

風オーレオエピソード1発売日

まず、人気シリーズ(国内・海外)の場合です。 …特に今回の海外での反応が気になるので、MALをチェックし、Redditもチェックし始めました。私が見た限りでは、国内の反応は海外のファンとそれほど変わらない、と田村氏は、より多くのシーズンを生み出すかどうかを決定するためにショーへの関心をどのように測定するかを説明しました。 2つ目は、ソース資料の公開が終了してからそれほど長くない場合、または適応するのに十分なコンテンツがある場合です。

シールドヒーローや他のアニメの制作に関して、最も難しい部分は才能のあるスタッフのスケジュールを確保することです。アニメのプロセス自体の外で、田村は、アニメシリーズの作成における最大のボトルネックはアニメ委員会を形成することであると言います。

何人かのRedditユーザーが、Kickstarterを使用してアニメプロジェクトをクラウドファンディングすることについて質問しました。

アニマルキングダムのシーズン5がありますか

テレビアニメシリーズをクラウドファンディングすることはまだ考えていませんが、映画などテレビで放送されていないものの可能性があると田村氏は語った。クラウドファンディングは、プロジェクトのためにお金を集めるためのオプションだと思います。ただし、完全なTVシリーズに十分な資金を集めるのは難しいかもしれませんが、OVAはクラウドファンディングに適した形式である可能性があります。


YouTubeでこのビデオを見る

ある質問では、国際的なライセンス供与やその他の要因のおかげで、アニメ業界全体がどのように急速に成長したかについて議論されました。しかし、アニメーター、特に中間者の賃金は依然として十分に低く、一部のアニメーターはアニメーションだけで仕事をする余裕がないことが指摘されました。

田村さんに「ショーの金額とアニメーターに支払う金額になぜこんなに差があるのか​​、そしてこの業界を可能にする人々の生活環境を改善するためにどのような措置を講じることができると思いますか?」と尋ねられました。

業界のトップアニメーターはかなり生計を立てることができますが、問題はエントリーレベルのポジションにあります、と田村は答えました。角川は、アニメ業界の未来に欠かせないエントリーレベルのアニメーターをサポートする方法を現在考えています。私はまた、この問題の解決策を見つけるために最善を尽くしています。

最後に、田村は、シールドの勇者の復活アニメが彼の海外で最も人気のあるアニメであると述べました。プロデューサーは、国際的な成長が将来のプロジェクトを青信号にする要因になる可能性があると述べています。

以前はDVD / Blu-rayの販売でしたが、市場は海外のストリーミングや商品の販売にシフトしています。 …国際的な需要は生産の決定に大きな影響を与えると私は思います、そして私たちが前進するにつれてさらに大きな影響を与えるでしょう、と彼は言いました。西洋の感性でより多くのコンテンツが作成されると思いますが、それはすべて、そのアニメの感触がどれだけ保持されているかにかかっています。

しかし、それは必ずしも西洋の聴衆が唯一のターゲットであることを意味するわけではありません。田村氏は、現在最大規模である日本、中国、米国の市場に重点を置いていると述べていますが、ヨーロッパ、南米、その他のアジア市場にもっと注目したいと思います。

これは、 Redditしかし 。アニメ委員の角川、グロビジョン、クランチロールが注目を集めるのに十分な人気があることを願っています ライジングオブザシールドヒーローシーズン2 。乞うご期待!